玄米、女性に嬉しいその美肌パワーとは?

日頃のお食事はパンが多いですか?
お米なら白米? 玄米? それとも雑穀米?

玄米のご飯.png
http://goo.gl/P7QJvmより引用)
今日は美肌作りのお話です。
ビタミン(A、B、C、Eなど)は美肌や美白のためには欠かせない栄養素。
特にビタミンB群は皮膚や粘膜、髪の健康を維持する働きがあるので、ビタミンB群不足は肌や髪のダメージに直結します。
そのビタミンB群は玄米に多く含まれているので、玄米を食べることは即、美容につながるのです。

<スポンサーリンク>








■「ビタミンB群」の中身
「ビタミンB群」にはいろいろな種類があります。
種類と役割はこんなふうになってます。
➔ビタミンB1(糖質の代謝)
➔ビタミンB2(資質の代謝、皮膚や粘膜の健康を維持)
➔ビタミンB6(たんぱく質の代謝、美肌促進)
➔パントテン酸(ビタミンCをサポート)
➔ビオチン(皮膚の健康を維持、ビタミンB7ともいわれます)

■アンチエイジングのための注目ビタミンは?
➔「ビタミンE」!!
ビタミンEは、アンチエイジングや、女性のホルモンバランスの安定、シミ・しわ・たるみなどの肌トラブルの原因になると言われる活性酸素の増加抑制効果が期待できます。

➔「γ(ガンマ)‐オリザノール」!!
γ‐オリザノールは、玄米の胚芽に含まれる抗酸化物質でビタミンではありません。
皮膚の調子を整え、紫外線を防ぐ働きがあり、血行をよくし、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしてくれるというなかなかのスグレモノなのです。

■玄米を食べる場合の注意点は
なんといっても「よく噛むこと」です。
でないと胃腸やお腹の具合を悪くすることがあるので、気をつけてくださいね。

玄米はどうも苦手、という方には玄米発酵食品もあります。お手軽です。
(玄米発酵食品は、玄米と米糠を麹菌で発酵させた食品です。)

株式会社玄米酵素ハイ・ゲンキ スピルリナ入り(顆粒・90袋入)

毎日の生活に上手に取り入れられるといいですね

<関連記事>
ライスミルクって何? 欧米で人気なんだって。
睡眠はとっても大切! 健康、美容に、なんと〇〇にも関係します!!


この記事へのコメント