福山雅治のSONGLINE~NHKドキュメンタリー「人はなぜ歌うのか」

人はなぜ歌うのでしょうか?

音楽は人類にとって一体何なのでしょうか?
福山本人3.jpg
http://goo.gl/yEV8kR3より引用)
今回のNHK大型企画である「SONGLINE」は、
福山雅治さんが、人種や言葉の壁を超えて、音楽の力で世界の人々とつながリ、
「音楽の源流」を求めて、世界各地を訪れるドキュメンタリー番組です。
シリーズとなっていて、上海メディアグループや、SMG Yunji Mediaとの国際共同制作を通じて、中国でも放送される予定です。

第1回のテーマは「人はなぜ歌うのか?」
人類における歌の起源に迫っていきます。


今回は、独自の文字を持たない2つの民族を訪れます。

1)ヨング族
オーストラリア北部のアーネムランド(オーストラリアの先住民であるアボリジニの聖地)に暮らしていて、今も狩猟採集や移動生活を続けながら、神話や様々な言い伝えを綴った歌を大事にしています。

今回はヨルング族のとある家族を訪ねて、伝統的な生活にふれながら交流。
福山さんは持参したギターを奏でて歌をプレゼントし、ヨルング族の人々は一族みな(30人)で神聖な儀式を披露し、音楽による交流が実現しました。
福山雅治1.jpg
http://goo.gl/g7slSL より引用)

2)トン族
中国の南西部・貴州省に暮らしている少数民族です。
ヨルング族と同じく独自の文字はなく、農耕での自給自足生活。
民族の歴史や独自の恋歌を2000年以上に渡って歌い継いできています。
今回、福山さんは、トン族の結婚式を訪れて、2人が互いに歌で自分の気持ちを伝えながら今日の日を迎えたことを知ります。
そしていかに歌というものが生活に深く関わっているかを知って行きます。
福山トン族と.jpg
http://goo.gl/NOIqu4より引用)
福山さんはギターで自らの歌とトン族との歌のコラボを行い、大成功!!
奇跡の共演とも言えますね。

福山雅治さんは「ギターをやってて、本当に良かった」と語ってらっしゃいますよ

第2回は2016年夏の放送予定です。
ブラジル音楽のルーツに迫る内容を予定しているとのことです。

全く知らない土地へ行って、ギターで歌い現地の人々と大合唱だなんて、素敵ですよね。
福山さんが、「ギターをやってて、本当に良かった」とおっしゃる気持ち、想像がつきます。
土地の方々との交流は本当に嬉しいことだったでしょう。
きっと別れを惜しまれたことと思います。

楽しみに番組を拝見しますね
福山本人1.jpg
http://goo.gl/FuSJdgより引用)

スポンサーリンク








福山本人2.jpg
http://goo.gl/jkeu3hより引用)

<福山雅治さんの関連記事>
福山雅治のドラマ4月スタート「ラヴソング」

<「SONGS」関連記事>
アンダーワールドが、ついにMステ初登場! サマーソニックにも出場決定!!
オリラジが新ネタで、なんとMステに初出演決定!!
BUMP OF CHICKEN(バンプ オブ チキン)、再びNHK『SONGS』(ソングズ)に出演!!

この記事へのコメント