宮沢りえさん離婚報告。原因は?子供の親権は?

女優の宮沢りえさん(42)が、40代の元プロサーファーで実業家の夫(中津ひろゆきさん)離婚が成立したことを18日、明らかにしました。 
宮沢りえ。jpg.JPG
http://goo.gl/rkMSjqより引用)
今までの経緯を簡単に辿ってみると、
2009年2月に妊娠6ヶ月の出来ちゃった婚で結婚。
5月に女の子を出産。

2012年5月にはすでに別居中で、離婚への話し合いをしていると伝えられていました。

離婚の原因については
「少しずつ生まれた調和することのできない考え方の違いが重なり
、これ以上共に歩んでいくことは難しいと感じ、このようになりました」

実際、夫の中津ひろゆきさんは、ハワイで仕事をする機会が多く、
一方、りえさんは、ドラマや舞台の出演が続き充実の一途をたどる日本での生活。
先日は日本アカデミー賞の司会もされてましたね。➔関係記事

スポンサーリンク








さて親権はどうなったのでしょうか?
りえさんにしてみれば、娘の親権は母親である自分に、と一生懸命だったと思います。
日々、子供と過ごす時間は大事にされている様子。
幼稚園の送り迎えもちゃんとして、幼稚園がお休みで自分が仕事の時は、現場に連れて行ったりすることもあるそうです。
そしてなんといっても、経済基盤がしっかりあります。
「中津さんの年収はりえの月収」という報道が飛び出したこともあった程なのです。

いまだ親権についての正確な報道がなされていませんが、
お嬢さんは成城学園に通われているとのこと。
幼稚園から大学までのある学校です。

りえさんのもとで、ずっと日本での生活しているお嬢さんですから、
りえさんが親権を持っていいのではないかと、勝手ながら想います。
宮沢りえ2.jpg
http://goo.gl/dJzKy5より引用)

宮沢りえさんの各報道関係へのFAX内容です。

「私たち夫婦は、幾度かの話し合いを重ね、この度、離婚が成立いたしました。
新たな気持ちで、役者として、母として、一人の人間として、これからも前進していこうと思います。
何卒ご理解いただき、温かく見守っていただけましたら幸いです。
2016年3月18日
宮沢りえ 」

心機一転、ますます活躍していって欲しいですね

<関係記事>
➔■日本アカデミー賞2016ノミネート発表!司会は昨年『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえ

この記事へのコメント