樹木希林さん「死ぬときぐらい好きにさせてよ」 本音の死生観  ~宝島社の企業広告~

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
という衝撃的なキャッチコピーとともに、
女優の樹木希林さん(72)が、
英国の画家ミレイの『オフィーリア』を題材に
死を連想させるように
森の小川の中に仰向けに横たわっている。
死ぬ時くらい.jpg
(http://goo.gl/toVyVlより引用)
これは宝島社の企業広告で、
2016年1月5日の一部全国紙に
掲載されたものだ。

次のフレーズも添えられている。

 人は必ず死ぬというのに。

 長生きを叶える技術ばかりが進歩して

 なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

 死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

 ひとつひとつの欲を手放して、

 身じまいをしていきたいと思うのです。

 人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。

 それが、私の最後の欲なのです。


広告を作った宝島社は、
「いかに死ぬかは、いかに生きるかと同じであり、
それゆえ、個人の考え方、死生観がもっと尊重されてもいいの
ではないか、という視点から、問いかけています」と説明。

あえて「死」について取り上げ、現代の人々に
「あなたは、どう生きるか」を問題提起しているのだ。


樹木さんが広告に出られたことで思い当たったのは、
2013年に「全身がん」であることを告白されていたからだ。


スポンサーリンク








この広告について樹木さんが、コメントしている。
「宝島社の企業広告はこれまで目にしたことがあり、
かなり記憶に残っています。それはすごいことだと思い、
お受けしようと思いました。
『生きるのも日常、死んでいくのも日常』 
死は特別なものとして捉えられているが、
死というのは悪いことではない。
そういったことを伝えていくのもひとつの役目
なのかなと思いました。」

樹木さんの「終活宣言」ともとれる広告に、
ツイッターなどネット上での反響は大きく、
『自分の生き方や終活について考えるきっかけとなった』
「私の中でモヤっとしていた気持ちが、適切な言葉で綴られていた」
などの意見が寄せられています。

人間生まれれば、死ぬのは当たり前のこと。
「死」については、ついつい目をそらしがちだけれど
これをきっかけに、死と向き合って、
改めて「今」を考えてみませんか?

ミレイの原画
ミレーのオフィーリア.jpg
http://goo.gl/CtHl1hより引用)
「オフィーリア」とは・・・
 シェークスピアの悲劇である「ハムレット」に構想を得た
「オフィーリア」。
恋人ハムレットに自分の父を殺されたショックで、
気のふれたオフィーリアが、
川に落ち沈んでいく場面を描いたとされています。




この記事へのコメント