竹内まりや「いのちの歌」、黒木瞳の初監督映画『嫌な女』の主題歌に決まる!!

竹内まりやの「いのちの歌」(2012年)が、
女優・黒木瞳の初監督映画『嫌な女』
(6月25日公開)の主題歌に決定した。

竹内まりやjpg.jpg
(http://www.oricon.co.jp/news/music/56761/full/より引用)
黒木瞳監督は、こう述べている。
「人と人の巡り合いは、ホント奇跡です。
そう思えることで、人と人のあたたかさや
絆を大事にできます。
この地に命を授けてもらったことに感謝
できます。
1歩も前に進めなくて立ち止まって
しまったとき、優しく背中を押してくれる
勇気が生まれます。
『いのちの歌』は、そんな人生の応援歌
でもあります。

この歌こそが作品が目指した先にある
“すべて”だったからです」


スポンサーリンク








また竹内は
「不安や不満に溢れる日々の中に隠された
本当の喜びと、誰もが抱えている
『生きていくこと』への想いをテーマに
書いたこの歌
で、
映画をご覧になる皆さんの心にさり気なく
寄り添うことができれば、
こんなにうれしいことはありません」
と主題歌起用を喜んでいる。

いのちの歌(通常盤)

🎵「いのちの歌」🎶
いのちの歌.jpg
http://www.kasi-time.com/item-58894.htmlより引用)

深みのある歌詞ですね。
「本当に大事なものは隠れて見えない」

そういえば”星の王子さま”にもあったな・・・
「大事なものは心で見なくちゃ、
ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、
目に見えないんだよ。」

温かさに包まれる感じの曲で素敵です。
まりやさん、そのお人柄が伺えるようです

<関係記事>
黒木瞳初監督作品、映画『嫌な女』は 吉田羊と木村佳乃のW主演!なぜ監督?理由は?

この記事へのコメント