近江友里恵アナって?「ブラタモリ」桑子アナの後任アナウンサーはどんな人?

「ブラタモリ」(土曜日19:30~20:15)はNHKの街歩き番組で、
大御所タモリと桑子真帆アナ(27)が全国各地をブラブラ歩きながら、
その土地の知られざる歴史や人々の暮らしに迫る番組。
桑子アナはその可愛さとタモリとの絶妙な掛け合いで、
一気に人気アナとなった。
桑子真帆.jpg
http://goo.gl/PprJA5より引用)
それがこの春からの担当番組移動で、
桑子アナは「ブラタモリ」を卒業し、
新番組の「ニュースチェック11(イレブン)」の
キャスターになることが発表されている。
あの笑顔や自然派トークを見られないのは残念だけれど、
また報道番組では新しい顔を見せてくれることだろう。

さて、では気になるその後任は?
現在、福岡放送局勤務の近江友里恵アナが抜擢されている。
近江アナ.jpg
http://goo.gl/NAD61Bより引用)
近江友里恵(おうみ ゆりえ)アナとはどんな人物なのか?
両親の出身地である高知県生まれで、育ちは東京。
世田谷区にある昭和女子大学付属小・中・高校を卒業した後、
早稲田大学政治経済学部に進学。
当時から“伝える”仕事を目指していたらしく、
学内の機関紙「早稲田ウィークリー」の
読者モニターを務めたり、
アナウンサー志望者の多くが通う「テレビ朝日アスク」にも通い、
ニュース専門のCSチャンネル「朝日ニュースター」の
「ニュース解説 眼」にも出演していた。

2012年にNHKに入局し、
熊本放送局に配属され、2014年に福岡放送局へ移動。
2016年4月からは東京へ。
そこで入局4年目の大抜擢なのです。

スポンサーリンク








今現在、勤務している福岡では平日夕方の帯の
ニュース番組「ロクいち!福岡」のメーンキャスターを担当。
また昼のニュース番組にも出演している。
現地では、「童顔で清楚な雰囲気がかわいい」、
「明るい笑顔に好感がもてる」と人気も上々。

また、近江アナは好奇心旺盛で行動力があるとのこと。
プライベートでは、
ソフトバンクホークスの試合や大相撲九州場所を見に、
ひとりで出かけていったりするという話もある。
また今も英語の勉強を続けていて、
TOEICを受けたり、
長期休暇になると台湾へも旅行したりしているとか。
なかなか活動的な方のようですね
4月からの「ブラタモリ」。
近江ニューフェイスアナとの掛け合い街歩き、楽しみにできそうです

この記事へのコメント