高畑淳子さん、2本のドラマで大注目!「うまい!!」

1本目のドラマは、NHK大河ドラマ、話題の「真田丸」(日曜後8・00)で、
平均視聴率が第2話で20%を超えるなど人気は上々だ。

「真田丸」は堺雅人(42)が主人公、真田幸村=本名・真田信繁を演じている。 
戦国時代の乱世を生きる姿を語るため、男性俳優たちが活躍しているが、
その一方で信繁の母・薫をコミカルに演じているのが高畑淳子さんだ。
高畑1.jpg
(http://真田丸.net/cast/nhk/より引用)
プライドが高く、わがままなな役どころながら、憎めない、くすっと笑える
キャラクターだ。それゆえ折々、場を和ませている。

2本目のドラマは、奥田英朗氏の人気小説「ナオミとカナコ」(幻冬舎刊)を
ドラマ化したもの。
“夫殺し”という>際どいテーマが話題となっているフジテレビ(木曜後10・00)だ。

スポンサーリンク








望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美(広末涼子(35))。
夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子(内田有紀(40))。
三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追いつめられた二人が下した究極の選択……。
「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
すべては、泥沼の日常を抜け出して、人生を取り戻すため。
わたしたちは、絶対に捕まらない——。
復讐か、サバイバルか、自己実現か——。
「わたしたちは親友で、共犯者」

友人同士の直美(広末)と加奈子(内田)が、DVを繰り返す加奈子の夫(佐藤隆太)へ
の殺害計画を立てる中で、重要なキーパーソンの“中国人”女社長、李朱美として登場する
高畑さん。カタコトの日本語で中国人を演じる姿は強烈だ。
高畑2.jpg
http://www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/chart/より引用)
殺害計画の最初のきっかけを作った「(DV夫なんて)殺しなさい」          
と助言する台詞を、こともなげに言うシーンは視聴者に大きなインパクトを与えた。

俳優さんというのは、大変だろうけれど面白そう!
高畑さんは、TVのトーク番組で話されても気さくで、楽しい方ですね。
その昔は怪獣役もあったとか・・・。
こんなにも異なるキャラクターを演じられる高畑さん、これからも注目したい女優さんです。
お子さんは2人はともに俳優。
長女:高畑こと美さん。
長男:高畑裕太さん。

この記事へのコメント