堀江貴文氏の近畿大学卒業式でのメッセージにグッと来た!(その2)

堀江貴文氏の近畿大学卒業式でのメッセージ(その2)です。
ホリエモン.jpg
https://goo.gl/hCrbyCより引用)
そして、それだけじゃダメです。これからは、そうやって仕入れた情報を、自分の頭で考えて、そして自分で発信して、頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。それはどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、ソーシャルネットワークやら、そこで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことです。それをできれば毎日やってほしい。そうすることによって、世界中の様々な情報を自分で頭の中に入れて考えて自分なりの判断ができるようになると思います。

なんでそんなことをしなきゃいけないのか。これからは、権威が当たり前じゃなくて、もうアテにならない時代になってくると想います。いままでは、ほんとレールの上を走って、そして権威がいうこと、たとえばマスメディアがいうこと、あるいは大きな会社に入って上司がいうこと、それに従っていればよかったかもしれないです。

しかし、みなさんは気づいていないかもしれないけれどもそんな時代はもう、とうに、終わりに近づいております。これもすべてがインターネットが作り出したグローバル化がもたらしたことです。みなさん、ほとんど日本人かもしれない、ーーまぁ多少外国人の人も混じってるかもしれないーー、が、ほとんど日本人でしょう。日本は、戦後何十年も高度経済成長で、そして世界第1位、第2位の経済大国って言われるようになりました。非常に豊かになりました。たぶん、僕の世代よりも上の世代じゃないと、日本が貧しかった時代のことは知らないと思います。当然ながら、ここにいるほとんどのみなさんは日本が貧しかったころのことなんか、知らないでしょう。来賓の、保護者の方々は、違うかもしれないですけど。豊かな日本が当たり前だった時代は、とうの昔に終わりました。みなさんも、そこも気づいていないかもしれない。先日、私は札幌でタイ式マッサージを受けました。すいませんなんか、庶民的な話で。 6,500円で90分だったんですね。しかしながら、「ポイント割引があります」ーー言われて、1,500円引きにしていただきまして、90分で5,000円でした。今年の1月、僕はタイという東南アジアの国に行ってきたんですけれども、そこが、やはり90分で500バーツ。プラス、揉んでくれた人に200バーツのチップを渡しました。合計700バーツ。さていくらでしょうか。だいたい今、日本円、円安になっておりますので2,500円です。もう、北海道の札幌のマッサージ屋さんの代金と、タイのバンコクのマッサージ屋さんの代金、たった2倍の差しかないんです。現状でこれです。ものすごい勢いで、東南アジア、経済発展してます。彼らの中の高給取りの人たちは、完全に日本人のホワイトカラーの年収を上回ってます。そして、富裕層の人たちごろごろいます。タイのバンコクに行くと、ひとり5万円の寿司屋さんが、毎日満員だそうです。そんな時代に突入しつつあるんです。

そして、そんな時代に突入しつつあるという危機感を持っているひとがほとんどいない。これは、みなさん学生さんだけじゃなくて、政財界にもそういう危機感を持っている人は少ない。グローバル化っていうのは、そういうことです。たくさんの国、特に日本のようにインフラの整っていない国、いきなり携帯電話の基地局ができます。そしてスマートフォン。中国の会社が作ったスマートフォンが、100ドル以下でばら撒かれます。そうやって、今までインフラが整ってきてなかった、例えばアフリカの山奥の国の人たちが、そうやって簡単に世界最高峰の知に触れる機会を持つことになります。当然ながら、優秀な人たちは、インターネットにアクセスして、スマートフォン経由でインターネットにアクセスして、世界最高峰の知を英語ベースで手に入れることになるでしょう。そして皆さんは、その人たちと同じ土俵にたってこれから生きて行くことになります。おそらく、僕が最初に言った努力をしない人たちというのは、取り残されていくことになると思います。厳しい社会がこれから待ち受けてます。そんな中、これまで生きてきたように、レールの上さえ走ってりゃいいやと、周りの顔色をみながら、ーーみんな卒業式はスーツにネクタイで、来てる。着物を着てきてる。けど、就職活動いったらダークスーツで暑い中、汗かいて、周りの目を気にしながらーー、周りと同じように就職活動してりゃよかった。でもこれからは違います。就職できて安泰だと思ってたらこれ大間違い。みなさんが、一生勤め上げられると思っている会社は、たぶんどこかで、つぶれたり、どこかの会社に吸収合併されたり、すると思います。それを前提で生きていってください。(続く)

スポンサーリンク










この記事へのコメント